• 文字の大きさ

  • 標準
  • 大

介護予防ケアマネジメント

要支援1・要支援2と認定された方は介護予防サービスを利用することができます。

介護予防サービスとは、その人らしい生活を実現し、より自立度を高めるためのサービスです。

例えば、ホームヘルプサービスを利用し、調理や掃除の手助けをすればできる方は、利用者がホームヘルパーと一緒に調理や掃除を行うことで生活機能の低下を予防します。

利用できるサービスとして訪問介護(ホームヘルプサービス)、訪問看護、訪問入浴、訪問リハビリテーション、通所介護(デイサービス)、通所リハビリテーション(デイケア)、ショートステイ、福祉用具貸与、福祉用具購入、住宅改修などがあります。

介護予防サービスを利用するには、ケアプランの作成が必要になります。ケアプランの作成は原則として地域包括支援センターが行います。

介護予防サービスの利用のお問い合わせは鶴見区地域包括支援センターまで、お気軽にご相談ください。

介護サービス利用までの流れ

介護サービスの流れ

介護予防事業(通所型)

将来、要支援・要介護となるおそれのある高齢者(65歳以上 )に対して生活機能の低下を防ぎ、自立した自分らしい生活を送っていただくことを支援する4つの事業です。

利用対象は

要介護認定を受けていない方、または非該当と認定を受けた方で生活機能低下の疑いがあり、要介護・要支援となるおそれのある65歳以上の方(特定高齢者)が対象となります。

利用できる事業には4つの事業があります。

・運動器の機能向上事業[重点型]・栄養改善事業・口腔機能向上事業・閉じこもり等予防事業

利用料は「無料」です。

利用するためには(サービス開始までの流れ)

(1)保健福祉センターや診療所等で実施される「特定健康診査」の際に、「生活機能チェック」を受けていただく必要があります。

(2)「生活機能チェック」の結果、生活機能低下のおそれがある方には地域包括支援センターから連絡させていただきます。

包括事業
包括事業  
包括事業  
包括事業